DXの取り組みについて

​多くの業務を効率化し、企業や事業の成長を促す

online-marketing-5722882_1920.png

2000年前後に開発されたアプリケーションやシステムを現在でも多く使用されていることがあります。

​以降、アプリケーションやシステムは進化し続け時代に適したサービスが増えてきています。私たちは、常に新しいシステムを取り入れお客様に良いサービスをご提供出来るよう学び取り組んでいます。

現在では、ノーコード開発やローコード開発・Flutterなど時代に沿ったシステムを使用し開発を行なっていくことも検討しています。事業を数値化し業務の効率化を可視化することなどで働きやすい環境づくりを行い、社員のパフォーマンスを上げることにもシステムを用いています。

​弊社の組織内では、少しづつDXに対してのリテラシーを高め、経営や事業に実際反映させ改善を出来るようなキャリア育成なども行なっていきます。